どんな治療も、歯周病対策が基本です

歯周病対策が基本当院の包括的治療では、以上のように咬み合わせを重視した診査・診断を行っております。咬み合わせの状態を知るために、より精度の高い診査を行うときには、キャディアックス・システム(あごの動きを計測するための機器)を用いてミリ単位で顎変異の量を計測しています。

また当院では、咬み合わせとともに歯周病対策にも力を入れています。どんなに精度の高い咬み合わせの治療をしても、歯周病が進行して歯がグラグラになってしまったのでは意味がありません。

治療をはじめる前に、ブラッシングなどのお口の手入れをご指導してプラークコントロールに努め、歯周病の予防にご協力いただいています。さらに、すでに歯周病が進行している患者さんについては、歯周病専門医による治療を徹底して行っております。

●キャディアックス・システム(Cadiax System)とは
ウィーン大学名誉教授のProf. R. Slavicek氏の理論に基づいて開発された、顎機能咬合診断診療プログラムです。キャディアックス下顎運動測定装置によって得られたデータをコンピュータで解析し、患者さん一人ひとりの骨格形態を分析して適切な咬合器を設定し、最終補綴物を製作するのに使います。

治療に必要な期間は、およそ1年半です
包括的治療では、咬み合わせ治療をふくむ全顎的な治療を行っていくので、治療が終了するまでにはおよそ1年半ほどの期間がかかります。お口の中の問題をすべて解決するには、それだけの時間が必要になるのです。

もちろん、患者さんには治療の内容を丁寧にご説明し、納得していただいたうえで治療をさせていただきます。患者さんがかならずしも全顎的な治療を望まず、機会を改めて治療をご希望する場合には、決して治療を強制するものではありません。

お問い合わせフォーム