歯周病とは歯ぐきや歯槽骨を破壊する病気です

日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれます。当院では歯周病専門医による高度な治療を行い、重度の歯周病にも対応しております。また歯周病の再発防止にも力を入れ、患者さんの歯と歯ぐきをお守りしています。

歯周病治療

歯周病は歯周ポケットにたまった歯周病菌によって、歯ぐきの組織や歯を支える骨(歯槽骨)が破壊されていく病気です。治療せずに放っておくと、やがて歯がぐらついてきて最悪の場合には抜け落ちてしまいます。

また、歯周病はお口だけにとどまらず、全身疾患とも深く関わっていることが知られています。歯周病菌がお口の血管から侵入して全身を駆け巡り、糖尿病や心臓病になるリスクを高めます。しかし歯周病は、その病気自体の性質から完治させることが非常に難しいとされます。

当院では、高い技術と豊富な経験を持つ歯周病専門医が治療に当たっており、高い治癒率を上げております。

歯周病は自覚症状が少ないのが特徴です

歯周病は自覚症状が少ない歯周病にかかっても痛みなどを感じることが少ないために、病気の進行を見逃してしまうことが少なくありません。初期の症状としては、歯肉の赤み・歯ぐきの腫れ・歯ぐきからの出血があります。

病気が進行するにつれて、症状も変化します。中期になると、口臭や歯肉の痒みが出始め唾液がネバついてきます。さらに後期になると歯が動くようになり、歯肉が異常に下がって歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の治療

歯周病はなんといっても予防することが肝心です。そのためにはまず、ご家庭で行う歯みがき法から見直しましょう。

プラークコントロールプラークコントロール
基本となるのはプラークコントロールです。プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢を取って歯周病菌の増殖を抑えるのを目的とした予防・治療法です。当院では、正しい歯ブラシの使い方をご指導する他、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの利用法も分かりやすくお伝えしております。

スケーリング&ルートプレーニング
歯みがきを正しくしても、歯周ポケットの奥にたまっている歯垢までは取り除くことができません。そこで専用の器具を使って歯垢や歯石を除去し、歯の根をツルツルに仕上げる処置がスケーリング&ルートプレーニングです。

この処置をすることによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなるので、病気の進行を抑えることができます。

歯周病内科

歯周病内科正しい歯みがきをして歯垢を落とし、それでも取れなかったものや歯石をスケーリング&ルートプレーニングで除去しても、実は歯周病菌が全滅するわけではありません。

歯周病内科は、これまでとは違ったアプローチの仕方で歯周病を治療する方法で、歯周病菌の種類に応じて飲み薬を処方し、その効き目によって菌の種類と量をコントロールする方法です。

この方法で治療すると、1週間前後で腫れや出血、膿などが収まってきます。また感染の原因となる菌を根本的に退治するため、再発しにくいというメリットがあります。

再生療法

歯周病によって失われる歯槽骨は、再生する能力を持っています。再生療法は歯の機能と形態を回復させるために、特殊な薬剤などを使って歯槽骨を増やす方法です。この再生療法にはGTR法とエムドゲインという方法があります。

GTR法(組織再生誘導法)
歯肉を切開してプラークを除去した後、歯肉の上皮の下にメンブレンと呼ばれる人工膜を入れて歯周組織の再生を図る方法です。病気の進行を抑えるだけでなく、溶けてしまった歯槽骨を再生させる新しい術式として注目されています。

エムドゲイン法
GTR法では人工膜を使いますが、エムドゲイン法ではその代わりにエムドゲイン・ゲルという薬剤を使います。この薬剤を歯槽骨が欠損した部分に入れて歯周組織の再生を促します。

お問い合わせフォーム